ホーム > 不動産問題Q&A > 不動産が絡む相続 > 【不動産が絡む相続②】根抵当権の相続

【不動産が絡む相続②】根抵当権の相続

Pocket

根抵当権の相続について教えて下さい。 

くり子ちゃん

1 根抵当権の被担保債権が確定した後に相続が開始した場合には、通常の抵当権における相続の場合と同様の扱いとなります。

2 根抵当権の被担保債権が確定する前に、根抵当権者について相続が開始した場合、根抵当権は、相続開始の時に存する債権のほか、相続人が根抵当権設定者との合意により定めた相続人が相続開始後に取得する債権を担保することとなります(民法398条の8第1項)。

ただし、その合意を相続開始後6か月以内に登記しないと、担保される元本は、相続開始時に確定したものとみなされます(同条4項)。つまり、根抵当権は確定し、その確定根抵当権は、相続開始時までに発生した債務だけを担保します。

3 根抵当権の被担保債権が確定する前に、被担保債権の債務者について相続が開始した場合、根抵当権は、相続開始の時に存する債務のほか、根抵当権者と根抵当権設定者との合意により定めた相続人が相続開始後に取得する債務を担保するものとなります(同条第2項)。

ただし、根抵当権者の相続の場合と同様に、その合意を相続開始後6か月以内に登記しないと、担保される元本は、相続開始後に確定したものとみなされます(同条4項)。つまり、根抵当権は確定し、その確定根抵当権は、相続開始時までに発生した債務だけを担保します。

なお、当該相続人が相続開始前に負担していた債務は被担保債権となりません。この債務を対象にするには、被担保債権の範囲を変更しなければなりません。