ホーム > 不動産問題Q&A > 不動産賃貸 > 【不動産賃貸①】やっぱり更新料は支払わないといけないの?

【不動産賃貸①】やっぱり更新料は支払わないといけないの?

Pocket

私は賃貸アパートに住んでいます。来月、契約の更新をするのですが、更新料の支払いを求められています。賃貸借契約書にも更新料に関する記載がされています。やはり支払わなければいけないでしょうか。

くり子ちゃん

更新料特約の有効性については、これまで裁判で争われてきた問題です。

高等裁判所で無効という判断と有効という判断が出され、決着は最高裁に委ねられていました。

そして、ついに平成23年7月15日、最高裁判決が出されました。

最高裁判所は、更新料特約について、次のように判断されました。

賃貸借契約書に一義的かつ具体的に記載された更新料条項は、更新料の額が賃料の額、賃貸借契約が更新される期間等に照らし高額に過ぎるなどの特段の事情がない限り、消費者契約法10条にいう『民法第1条第2項に規定する基本原則に反して消費者の利益を一方的に害するもの』には当たらないと解するのが相当である。

つまり、賃貸借契約書に更新料のことがしっかり書かれており、更新料の額が高額過ぎなければ、有効だということです。

ちなみに、最高裁は、賃貸借契約の期間が1年で更新料が賃料の2か月分というケースで、更新料に関する契約を有効と判断しています。

したがって、賃貸借契約の期間が1年で、更新料の金額が賃料の2か月程度であれば、有効と判断される可能性が高いということになります。