ホーム > 不動産問題Q&A > 境界確定・所有権確認 > 【境界確定・所有権確認①】「境界」ってなに?

【境界確定・所有権確認①】「境界」ってなに?

Pocket

境界とは何ですか。

くり子ちゃん

1 日本では、人為的に区分した一個の土地を「一筆」と呼び、一筆の土地ごとにそれぞれの地番が決められ、不動産登記簿にその土地の所在、地番、地目、地積、所有者等が記載されています。

境界には、このような不動産登記簿上の各地番に対応する土地と土地の境目を意味する「公法上の境界」という意味と、隣接地の所有権の境目、所有権の及ぶ範囲を意味する「私法上の境界」という意味があります。

公法上の境界は、「筆界」(ひっかい)とも呼ばれています。

2 公法上の境界は、公的権力によって定められる事項であり、境界に隣接する当事者間で決めることはできません。

これに対して、私法上の境界の場合は、自分の土地の所有権の及ぶ範囲の問題ですので、隣接土地を所有する当事者間で話し合って決めることができます。

それゆえ、私法上の境界と公法上の境界は、必ずしも一致するとは限りません