ホーム > 不動産問題Q&A > 競売手続 > 【競売手続①】通行地役権と担保不動産競売による買受人との関係

【競売手続①】通行地役権と担保不動産競売による買受人との関係

Pocket

通行地役権と担保不動産競売による買受人との関係について教えて下さい。

くり子ちゃん

通行地役権の承役地が担保不動産競売により売却された場合の法律関係については、最高裁平成25年2月26日判決が参考になります。

最高裁判決によれば、「通行地役権の承役地が担保不動産競売により売却された場合において、最先順位の抵当権の設定時に、既に設定されている通行地益権に係る承役地が要役地の所有者によって継続的に通路として使用されていることがその位置、形状、構造等の物理的状況から客観的に明らかであり、かつ、上記抵当権の抵当権者がそのことを認識していたか又は認識することが可能であったときは、通行地役権者は、特段の事情がない限り、登記がなくとも、買受人に対し、当該通行地役権を主張することができる」とされています。