ホーム > 不動産問題Q&A > マンショントラブル > 【マンショントラブル⑪】占有者(賃借人)の義務違反に対する措置

【マンショントラブル⑪】占有者(賃借人)の義務違反に対する措置

Pocket

占有者(賃借人)の義務違反行為に対して、区分所有者や管理者はどのような措置をとることができますか。

くり子ちゃん

1 違反行為を止めるように警告・勧告する

2 規約に制裁の定めがある場合には、規約による制裁を課す

3 緊急立入権

4 行為の差止(停止)請求(57条4項)

5 解除・引渡し請求権(60条1項)

解除・引渡し請求には、①占有者(賃借人)が、共同の利益に反する行為を行ったか、または、行うおそれがあること、②その行為による共同生活上の障害が著しいこと、③ほかの方法によっては、その障害を除去することが困難であること、という要件を満たす必要があります。

「ほかの方法」とは、占有者(賃借人)に対する行為の差止(停止)請求や、規約に定めた制裁措置などの民事上の方法をいいます。